ピルにはさまざまな種類がありますが日本では服用している方は少ないと思います。ピルは避妊だけでなく、生理痛緩和などの効果もあるため女性なら知っておくと非常に便利です。値段もさまざまですので自分に合うものを選んでいきましょう。

ピルを服用中に妊娠することはある?

この記事は約 4 分で読めます。

ピルは妊娠を予防することができ、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲストーゲンを含んだ薬です。
一般的にピルと呼ばれていますが「経口避妊薬」のことで、避妊用の経口薬になります。
人によってはピルを服用しているのに妊娠検査薬で陽性が出ることもあります。

多くはピルの飲み忘れによって排卵が起こってしまい、妊娠してしまったケースがあげられます。
但し、妊娠検査薬で陽性だったとして必ずしも妊娠しているということにはなりません。
いくつかの原因によって妊娠検査薬が陽性を示す可能性もあります。

妊娠以外で検査薬が陽性反応を示すのはいくつかあり、例えば尿の成分が関係するでしょう。
尿の中に高濃度のタンパクや血糖などがあると妊娠検査薬では陽性を示すことがあります。
卵巣がんや子宮頸がん・肺がんの場合はhCG産生腫瘍があることから検査薬では陽性反応が現れることもあり、このようないくつかの原因から検査薬では陽性が出てしまうケースもあるので必ず医師の診断を受けることが大切です。
不妊治療などによるホルモン剤を投与している人や、子宮外妊娠や胞状奇形の妊娠をしている人も陽性反応が出る時があります。

基本的にピルは正しい方法で利用しているとほぼ100%の確率で避妊することが可能です。
ピルを服用していて妊娠するケースはまれにあり、例えばピルを飲み始める際に妊娠が成立していたという場合があります。
旅行などのイベントのために生理を遅らせようとピルを服用する時に生理予定日5日以上前から服用し始めますが、既に妊娠しているのにそのことを気付かず飲んでいることもあるでしょう。

ピルを服用する以前に妊娠していると、検査薬は陽性反応を示します。
一般的にプルを規則正しく服用することによって、望まぬ妊娠を予防することが可能です。
生理痛の緩和や生理周期を安定することができる効果もあり、女性ホルモンの変化による自律神経が乱れから起こる生理前症候群(PMS)などを緩和することができます。

ピルとコンドームの使用で高い避妊効果を得る

ピルは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲストーゲンの類似ホルモン作用によって、ホルモンバランスを整える作用があります。
子宮内膜の増殖を抑制することができ、子宮内膜は妊娠する際に必要ですが妊娠しなかった場合は剥がれ落ち経血として体外に排出されます。
ピルに加えてコンドームを使用することで高い避妊効果を得ることができますが、コンドームの最も大きな役割は性感染症の予防です。

コンドームはお互いの粘膜が触れることを邪魔することができ、性感染症は性器同士の接触によって伝染するのがほとんどなのでコンドームを使用すると性感染症予防に役に立つでしょう。
ピルは高い避妊効果を発揮しますが、性感染症予防の力はありません。
つまりコンドームとピルの両方を用いることによって最も安全な状態に整えることが可能です。

避妊はピルで行い性感染症予防はコンドームで行うことができるので、望まぬ妊娠と性感染症というリスクを完全にシャットアウトすることができます。
コンドームを使用した場合避妊失敗率が3~14%で、ピルを使用した場合避妊失敗率は0.1~5%と言われています。
ピルの方が避妊失敗率が低いということが分かり、コンドームの場合は数値に開きがあります。

ピルはインターネット通販を利用すると便利で、個人輸入代行サイト通販を利用するとリーズナブルな価格で購入することが可能です。
万が一の場合のお守りとして携帯している人もいて、適切に利用することによって高い確率で妊娠を予防することができるでしょう。
最近ではいろいろな個人輸入代行サイトが存在しているので、お得なキャンペーンやセット割引を利用することができかなりコストを抑えることが可能です。