ピルにはさまざまな種類がありますが日本では服用している方は少ないと思います。ピルは避妊だけでなく、生理痛緩和などの効果もあるため女性なら知っておくと非常に便利です。値段もさまざまですので自分に合うものを選んでいきましょう。

ピルを通販で入手する場合の注意点とは?

この記事は約 4 分で読めます。

ピルは医療機関を受診して処方してもらわなくとも、通販サイトで手に入れることができます。
医療機関よりもお値段が安くなりますし、まとめ買いも可能です。
処方箋は必要ありません。
24時間いつでもどこでも注文できて、自宅に届けてもらえますから、忙しい毎日を送る女性にも便利です。
婦人科に行くのは恥ずかしいという方もプライバシーが守れます。

メリットだらけの通販購入ですが、ピルも身体に強い影響を及ぼす薬の一つです。
それに、自身で購入する以上は何かあっても自己責任となります。
ただ単にお値段の安さだけで選ぶのではなく、さまざまな注意点を守って手に入れるようにしてください。

ピルは本来であれば医療機関で処方される薬です。
そういったものは日本では普通にドラッグストアで購入したり通販で注文することはできません。
海外で売られているピルを個人輸入という形で輸入するのです。
日本の法律には守られていませんから、何かあっても自己責任となるのです。

輸入といっても面倒な手続きは代行業者が行ってくれるのですが、代行業者選びこそが重要です。
信頼できるところを選ぶように注意しておかないと、中にはお金だけ取られて現物が送られてこなかったり、送られたとしても偽造品だったりといったことがあるのです。
偽造品をどれだけ服用しても避妊効果は得られません。むしろ副作用が強く出てくるケースもあります。
口コミ評判なども調べながら、よい業者を選ぶようにしてください。

海外から送られてくるため、注文してから自分の手元に届くまではある程度の日数を要することになります。
最近では翌日には届くといった通販ショッピングも多くなりましたが、さすがに海外のものでは無理です。
性行為をしてすぐでないと避妊効果がどんどん薄れていくという緊急避妊具を、性行為をした後に注文していても意味はありません。

低用量のピルの1シートが終わる直前に注文するのもダメです。早め早めの注文を心がけましょう。

ピルの偽造品判別は一般人には困難

偽造品が届いたら使用しなければよいのではと思われるかもしれませんが、一般人には判別は難しいでしょう。
表面上は本物の薬と変わらない状態に見えても中身が違っているという場合も多いからです。
必要な成分が入っていなかったり多く入りすぎている場合もあります。
たとえ成分的には問題なくとも、自宅の片隅のような工場とも言えないような劣悪な環境で作られているのであれば、不衛生でばい菌などが入っている危険性もあります。

それによって避妊ができるどころか何らかの病気に侵されることだってあるのです。
自分自身を守るためにも信頼できる業者選びは大変重要です。

とにかく安心安全な薬を手に入れたいというなら通販サイトでの購入はやめて医療機関を利用した方がよいでしょう。
日本の法律に守られ、一定以上の基準をクリアしたきちんとした薬が手に入ります。
処方してもらう際に医師からその薬の使い方や注意点についても説明があるはずです。
通販で手に入れたものは海外から届く商品ですから説明書きもすべて海外の言葉で書かれています。

服用方法はもちろん、併用禁忌とされる薬や病気についても、たとえ書かれてあってもさっと読むことができないのは不安です。
信頼できる薬でも用法用量を誤って使用していると効果はなくなってしまいます。

できれば最初は医療機関で処方してもらうようにし、慣れてから通販利用に切り替えた方が良いかもしれません。
確かに通販だとまとめ買いができますし、まとめ買いした方が1箱あたりの単価が安くはなります。
しかし、まずは単体で購入してみて信頼できるサイトどうか、そのピルが自身に合うものかどうかを確かめてみてからまとめ買いに切り替えましょう。
せっかく利用するのであれば失敗の無いように注意しながら、かしこい使い方をしてみてください。