ピルにはさまざまな種類がありますが日本では服用している方は少ないと思います。ピルは避妊だけでなく、生理痛緩和などの効果もあるため女性なら知っておくと非常に便利です。値段もさまざまですので自分に合うものを選んでいきましょう。

人気のピルと言えばトリキュラー

この記事は約 4 分で読めます。

ピルの中でも日本で人気が高いのが、トリキュラーです。
トリキュラーは黄体ホルモン薬として第2世代のレボノルゲストレルを配合しているのが特徴です。

婦人科に行って避妊効果が期待出来る薬を処方してもらおうとすれば、トリキュラーを提案されることが多いと予想出来ます。
この薬はドイツで開発され、日本では1999年に避妊効果の適応で承認されて発売された薬となっており、多くの人に使われてきた実績があります。
多くの病院で処方されてきた薬であるため安全性が充分確認されているのが魅力です。

トリキュラーを服用すると、有効成分のレボノルゲストレルなどの働きによって排卵が起こらなくなります。
それによって避妊効果が得られますが、それと同時に月経周期が安定化したり毎月の生理前に起こる不調(月経前症候群)の改善なども期待出来る点が便利です。

女性特有の悩みとしては、生理や妊娠に関することが挙げられるでしょう。
例えば生理中の経血量が多いことに悩んでいる人や、生理痛がひどいことに苦しんでいる人はトリキュラーを服用することで悩みが解決出来る可能性が高いです。
それはトリキュラーを飲むと配合されているレボノルゲストレルの働きで子宮内膜の増殖が抑えられるためです。

また、月経前症候群によって生理前にイライラしたり腹痛や頭痛などの不快な症状が起こる人もトリキュラーの服用で症状の軽減が期待出来ます。
それはレボノルゲストレルなどをこのピルで摂取することにより毎月の体内でのホルモンの変動が穏やかになるからです。

トリキュラーは避妊効果だけでなく様々な副効用が期待出来る点が人気の理由になっています。
副作用があまり起こらないように成分の量を調節してある点も良い点と言えます。
これからピルを使って避妊をしたり生理の悩みを解決したいなら、多くの種類があるピルの中でも特に人気が高いトリキュラーを選ぶと、安全に目的が達せられる可能性が高いのではないでしょうか。

生理周期を安定させるトリキュラーの飲み方

生理が毎月決まった間隔で来ない人は、生理用品を用意していない時に生理になってしまって慌てるなどのトラブルが起こることがあり不便です。
そこで月経周期を安定化させたいなら、トリキュラーを処方してもらうのがおすすめとなります。

トリキュラーは3相性のピルに分類されており、有効成分のレボノルゲストレルなどの分量が三段階に変化することが特徴になっています。
これによって自然なホルモンサイクルに近づけることが出来ているため、月経周期の安定化や経血量の減少効果が高いとされているピルです。

生理周期を安定させたい人がトリキュラーを飲むなら、毎日飲み忘れないようにすることが一番大切になります。
トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがありますが、これらには7錠の偽薬が付いているかいないかの違いがあります。
21錠タイプは薬剤シートに21錠のトリキュラーがセットされているので、1番目の錠剤から数字の順番で飲んでいくようにしましょう。

トリキュラーは有効成分の分量が三段階に変化するので順番を間違えないことが大事です。
それから毎日決まった時間帯に飲むこともポイントになります。

21錠タイプでは1シート分の薬を飲み終えたら休薬期間が7日間必要です。
28錠タイプでは21錠を飲み終わった後に7錠の有効成分が含まれていない偽薬が付いているので、それを飲むことになり休薬期間はありません。
21錠と28錠のどちらを選ぶかは患者さんの好みで決めると良いですが、毎日規則的にピルを飲んでいる方が忘れなくて良いと思うなら28錠タイプが便利でしょう。

その他にトリキュラーの飲み方で気をつけなければならない点は、他の薬との飲み合わせによって薬の効果が強くなったり弱まる可能性がある点です。
月経周期を安定させたいなら、他の薬を併用する必要が出た時にはトリキュラーとの相性に問題がないかを医師や薬剤師に確認すると安心です。